読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H_P_B

流行りのスマホアプリや海外ドラマ、映画に関する内容が多いです☆

【FX】トレード手法は少数に絞るべし★EMAを使ったトレード手法公開★

どうもです!

 
久々のブログ更新です。
 
最近はモバストとFXの毎日でなかなかパソコンの前にいくことがなくブログ更新すっかり忘れてました^^;
 
今日からまたブログ更新頑張っていこうと思いますのでみなさんよろしくです。
 
さて、今日はFXのトレード手法について書きたいと思います。
 
多分この記事に来た方は、あれこれ《勝てる 手法》とかを検索してたどり着いたのではないでしょうか?w
 
僕も前はそういった時期もありましたが、最近はシンプルトレードに徹してるのか負けもありますが月のトータルはプラスに持っていけてます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 
 
やっぱよく考えるとこのトレードだと勝てるとかないんですよね。
 
負けるときは負けるし、勝てるときは何やっても勝てるし。
 
ただ、あれこれ手を出しているうちは成果は良くてトントン。むしろ負けているほうが多いのが現実です。
 
今日はそんな方に僕がおすすめする手法の一つを紹介しますので是非トレードに役立ててください。
 
では、早速いきましょう。
 
スポンサードリンク

 

 
 
使うのは指数平滑移動平均(EMA)です。
 
線は2本使い、短期を10長期を20に設定します。
 
あとは次の条件に従いましょう。
 
条件その1
リスクリワードは 1 : 1.5以上 であること
僕の場合は損切り18pips、利確30pips固定です。
 
条件その2
推奨通過は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドルの7通過です。
多くは15分足でやってます。
5分足だとノイズが酷く結果だましとなることが多いので、時間足しは上位を推奨です。
15分が一番しっくりきますし、割りと早めに決着がつくので僕はお薦めです。
 
条件その3
短期と長期がクロスするのを待つ。
 
条件その4
短期にロウソクがタッチするのを待つ。
そのまま長期にタッチするようであれば更に望ましい。
 
条件その5
タッチしたロウソクが再び短期を超えてきたところでエントリーする。
ロウソクが確定した際に戻りのロウソクが短期を超えきていればグッド。
 
条件その6
決済と損切りの注文をかける。
リスクリワードは条件その1参照。
FX会社によってはエントリーと同時に決済と損切りが注文ができるのでそういった会社だとこの手順は不要です。
ちなみに僕の場合はヒロセ通商です。
 
ここまできたらあとは30分くらい待ちましょう。
状況によっては1時間くらい待つこともありますのでそこは気長に待ちましょう。
 
どうです?
そこまで難しいことはやってないですよね?
 
気になる勝率はだいたい5〜6割くらいです。
トータルで50%の勝率があればプラスなので多少の負けは気にしないようにコツコツルールを守りトレードしていれば確実に増えていきます。
絶対とは言えないのであくまで自己責任でお願いしますねw
 

スポンサードリンク

 

 
 
では写真で見てみましょう。
今回は売りエントリーのパターンです。
線がクロスしたのを確認→短期にタッチしたことを確認→再び短期に戻ってきて短期を超えた付近でエントリー→あとは待つだけ。
 
f:id:plusspace:20160415183718p:image
 
15分くらいしたときの画面です。
f:id:plusspace:20160415190400p:image
 
今回は1万通貨でのエントリーですので、結果は3000円の利益となりました(⁎˃ᴗ˂⁎) 
f:id:plusspace:20160415190506j:image
 
こんな感じでエントリーしたら利確まではほったらかしでいいんです。
エントリーできそうなチャートパターンがきたらチャートを確認しつつ条件を満たしたらエントリーという具合でいきましょう。
 
では、トレード手法の一つの紹介はこれでおわりです。
 
トレードに参考になればと思います。
あ、トレードは自己責任でお願いしますねw