H_P_B

流行りのスマホアプリや海外ドラマ、映画に関する内容が多いです☆

【FX脱初心者講座】その6:長期的なトレード思考を持つべし!損失というリスクを恐れるな( ˘•ω•˘ )

どうも、こんにちは。

 

今日のテーマは長期的なトレード思考を持つべしということでまとめてみました。

 

今日で脱初心者講座も6まできました。

 

本当はもっと高頻度で更新してもいいのですが、伝えたいことが多いのでどうしても1〜2週間に一回くらいのペースになってしまうんですね^^;

 

楽しみにしてくださる方には申し訳なく思いますm(._.)m

 

では、本題にいきますね!

f:id:plusspace:20160730150441j:plain

 

タイトルにもある長期的なトレード思考についてですが、僕の考えを簡単にまとめると負けている人って自分が思っている以上に短期的にみていると思うんですよね。

 

スキャルになってるって意味ではなく、今の相場を見ている一時の時間でしか認識していないのではないでしょうかということです。

 

もっとわかりやすくいうなら、例えば相場の大きな流れは下降にあり、ショートでエントリーし、エントリー直後に上昇して自分がエントリーしたタイミングで流れが変わってしまったと勘違いするケースのことです。

 

この場合によくあるのは、上昇になってしまったなら早めの損切りで撤退しようという思考になり、損切りしたタイミングで下降。

結果的にはじめのショートで入り損切りしなかったほうが利益プラス100pips取れていたという、FXあるある的な結果に。

 

こういった例は誰しもが経験しているはずなんですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

損切りルールにもいろいろあるので一概に間違いとは言いませんが、少なくとも大きな流れには逆らわないというのが相場での鉄則ではあると僕は認識しています。

 

つまり何が言いたいかというと、大きな流れを理解していれば多少の逆行も許容範囲という認識にならなければいけないんです。

もっと言うと自分のトレードスタイルに自信を持っているなら多少の逆行くらいでは動揺しないと思うんですよね。

 

ブラックジャックやポーカーもよく流れがあるなんて言いますが、勝っているプレイヤーこそ長期的に勝負を捉え、目の前の負けに一回一回過剰な反応はしないんですよね。

 

短期的にみた場合、運で勝つなんてよくある話です。

なので短期でみていてもあまり参考にならないんですよ。

 

大数の法則を例に出すともっと理解しやすいのではないでしょうか。

f:id:plusspace:20160730150938j:plain

サイコロでいうと例えば1の目が出る確率は?と聞かれれば、ほぼ1/6と答えるはずです。

 

じゃあ実際にサイコロを6回振ったら1回しか1の目が出ないのかというとそうではないですよね。

 

1が2回、3回と連続することも十分ありえます。

もちろん1回もでないということもあります。

 

大数の法則というのは試行回数が多ければ多いほどより正確に統計的な確率に近づいていくものなんです。

 

FXにもまさに同じようなことがいえるわけです。

 

上記例でいうところの1の目が2回、3回と連続で出ることはFXでいうマグレ勝ち、ブラックジャックやポーカーでいうところの運で勝つということです。

 

でも勝っている人の勝ちというのは1回や2回どころではありません。

何度も勝ちや負けを繰り返し、より勝ちやすいトレードを数こなしてきたので、自分の中に勝ちやすいトレードが確率されてきて、それが結果として勝ちトレードにつながっているんですよね。

 

つまりは優位なエントリーポイントのみに絞りトレードしているので結果的にあまり負けてない。

負けたとしても少しの被害で済む。

 

ただ、こればかりはすぐに身につくものでもなく、大数の法則のように多くの経験を積んできたらこそこれまでの経験が活きてきているといことなんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

話が長くなってしまいましたが、長期的なトレードを行うというのは目先の利益や損失に振り回されず長い目でみて優位となるトレードを淡々とこなしましょうということです。

 

このへんについてはすぐに身につくものでもないので過去のチャートから自分に合ったトレードスタイルを見つけ、検証と落とし込みをしていくしかありません。

 

ここでいうトレードスタイルというのは、勝率を取るのか、勝率が低くても月を通してある程度のpipsが取れることをいうのかは人によって合う合わないがあるので自分で見つけていくしかありませんが、そういった総合的にみてという意味合いで捉えてください。

 

ただ今日一番言いたいことは少しの負けでブレてしまうようなトレードであれば検証が足りない証拠ですので、ある程度の自信がつくまではしっかり過去のチャートより検証を行い、トータルで見て自分が納得できるトレードを心がけてほしいということです。

 

ではでは、今日の話を読んで一度自分自身のトレードを振り返ってみてください。

 

ということで、長期的なトレード思考についてでしたʕु•̫͡•ʔु ✧