H_P_B

流行りのスマホアプリや海外ドラマ、映画に関する内容が多いです☆

【FX相場予想】8/8からのドル円は102円ライン付近の動きによりショートorロングの判断

どうも、こんばんは。

 

オリンピックはじまりましたね。

 

これからしばらくはトレードも大事ですが、テレビをみる時間も多くなりそうです。

 

今日は、来週からのドル円の予想をまとめてみました。

 

昨日の雇用統計の結果が良かったので上昇はしたものの、上値の壁は厚くなかなか突破させてくれません。

結局、方向感のない相場のようです。

 

流れは下げにあるようですが、100円台の買い勢がまだまだ多いのがわかる相場です。

 

来週も同じような動きになりそうですが、そのへんは102円ラインの動きによって決まってくるかなと僕は思っています。

 

まず、こちら日足をみてください。

 

大きな流れは下げにあることがわかります。

f:id:plusspace:20160806194959j:image

 

スポンサードリンク

 

 

続いて4時間足です。

1度100.65付近まで下がったもののやっぱり買い勢が強く、そこからは上昇しています。

そして、雇用統計を迎え結果も良く、やっぱりかということで買いが加速。

それでも前回の底値反発ラインである102円の壁は破れません。

壁を突破するには大きなパワーが必要になりますので、102円を超えるだけのパワーはなかったということですね。

f:id:plusspace:20160806195004j:image

 

続いて1時間足です。

ここまでいくともはやレンジですね。

 

雇用統計により上昇したもののそれがなかったらと思うと大きな動きは期待出来そうにない相場です。

102円の壁が突破できず、また、下げの勢いもないので小幅のレンジが続くかと思われるチャートです。

f:id:plusspace:20160806195009j:image

 

じゃあ来週のドル円はどのように攻めようかというのがこちらです。

15分足をみてみましょう。

102円の壁を超えるのか、下げ止まったラインである101,72付近を底値とするレンジになるのか様子見からのスタートです。

f:id:plusspace:20160806195015j:image

 

レンジの場合

上値・・・102.00付近

底値・・・101.72付近

上記画像でいうところの①狙いがいいかな。

まだ、雇用統計の勢いは続いていると思われるので。

 

このように小幅のレンジだとスキャルが有利ですね。

動きを見てからのエントリーでも十分対応できそうですし、逆行しても被害は少しで済みそうですし。

 

レンジブレイクの場合

上値は割りと厚いので下へのレンジブレイクに期待です。

注目ライン・・・101.72付近

上記画像でいうところの②のように2波待ちでいこうかと。

 

ということで来週のドル円の予想でした。

 

まだまだ暑い日が続きます。

週末ということでお出かけすることもあるかもしれませんが、水分補給は十分に取って夏バテしないようにしましょうね(・∀・)

 

ちなみに明日はポンド円について来週からの相場予想記事をアップします。

昨日が雇用統計ということもあり、今日はドル円の記事を書いただけで忘れてたわけじゃありませんよw

 

ではでは、良い週末を\(^o^)/