読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hideMON FXblog

SRライン、トレンドライン、ダウ理論を軸にトレード中。日々のトレード記録をメインに記事を更新してます。

【FX相場予想】8/8からのポンド円はレンジの可能性大!レンジ勝負orブレイク待ち★

FX
ブログランキング参加中です。
1日1回クリックの応援して頂けるとすごくうれしいです(・∀・)


どうも、こんにちは。

 

今日も昨日に引き続き明日からのポンド円の予想をまとめてみました。

 

正直ポンド円はあまり手を出したくない相場ですね。

 

チャートだけでいえばレンジの可能性が非常に高いのですが、雇用統計の発表後ということもあり週明けというのは結果を受けてからの参加者が増えるので大きく動く可能性も十分にありえます。

 

とはいえ、そのへんは動き次第で対処するとして今は素直にチャートから読み取れる流れに従いましょう。

 

ではまずこちらはポンド円の日足です。

緩やかではありますが下げの流れにあります。

大きくみると日足でも十分にレンジなんですけどね。

f:id:plusspace:20160807125759j:image

 

スポンサードリンク

 

 

続いて4時間足です。

もうレンジですね。

小幅すぎるのであまり参加しようとは思いませんが。

f:id:plusspace:20160807125900j:image

 

次に1時間足です。

ここまでくると完全に動きがないことがわかると思います。

f:id:plusspace:20160807125946j:image

 

スポンサードリンク

 

 

では、来週はどのように攻めようかというのは15分足で見てみましょう。

 

雇用統計の結果を受ける前は133.00付近をレンジの上値と想定していました。

結果を受けても大きく変わることなく、133.20が上値に拡大したというレベルです。

 

下値も同じです。

雇用統計前は132.55付近をレンジの下値としていましたが、雇用統計の結果を受け振れたおかげで132.23まで下値が拡大したというレベルです。

f:id:plusspace:20160807130103j:image

 

15分足の動きをみてもらうもわかるように、明らかなレンジですので、大きく動く要素は誰が見てもブレイクしたという動きにならないと難しいかな。

 

ということで、小幅のレンジでの勝負でいくのか、ブレイクを待つのか、たまには通貨を変えて勝負してみるのか。

そのへんは自分に合ったものを選択するといいです。

 

無難なのはブレイク待ちがいいと思います。

 

レンジでの勝負でもいいのですが、雇用統計発表時に参加してなかった方の参入もあるかもしれないことを考えると、ブレイクと思わせる動きに惑わされてしまうかもしれません。

いわゆるダマシってやつですね。

あのヒゲだけでるやつ。

 

なので僕がオススメするなら完全にラインを突破したあとの2波が確認できてからのロングやショート待ちがいいのではないでしょうか。f:id:plusspace:20160807131518j:image

 

ということで、明日からのポンド円のイメージでした。